Subscribe to my RSS feed

アクセス解析を設置して活用することが大事

アクセス解析を駆使する
お客さんを呼び込むためのホームページにデリヘル嬢の写真の掲載は必要です。
デリヘル嬢は粒ぞろいでもなかなか客足に結びつかないというデリヘル店は多くの場合、女の子の写真の見せ方に問題があるのです。
たとえばあるデリヘル店では、デリヘル嬢のオールヌードのエロさを全面的に強調した写真を使用していました。
また、事務所内での撮影のため背景がどれも一緒で女性のキャラクターまでが画一的な印象を受けるのです。
そのような場合は次のように演出方法を変えると良いでしょう。
まずは、屋外で私服姿のプライベートな写真(それをクリックすると)
ラブホテル内でベッドに寝そべる写真(さらにクリックすると)
パンチラの写真(さらにクリックすると)
スカートを脱ぐ写真(さらにクリックすると)
下着姿で恥じらう写真(さらにクリックすると)
下着姿で誘うようなエロい写真(そして最後のクリックは・・)
このように、クリックするごとに一枚一枚脱いでいくプロセスは演出としてはとても有効です。
そして敢えて全裸を見せないのも効果があるのです。
デリヘルにとってホームページが店舗ならば、まず、いかにそのホームページに多くのユーザーを集めるかが、最初のステップとなるのです。
その方法としては、
・効果的なネット媒体への広告。
・Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンで上位表示させるためのSEO対策
・相互リンク
・掲示版での口コミ
・ブログ、SNSでの口コミ
・雑誌・週刊誌・スポーツ新聞などの紙媒体の広告や取材記事
そして、ユーザーがサイトにアクセスしたら、いかにコンバージョン率を高める魅力的なサイトにするか、そして、コンバージョンに導く導線を仕掛けるかということです。
これがウェブマーケティングのノウハウとなるのです。
そして、最近特に注目されているのが、掲示版、ブログ、SNSなどのメディアを通じた口コミです。
インターネットの時代になって、利用者の口コミによる伝播力のスピードは異常に速くなりました。
したがって、お店はこうしたユーザーが中心のメディアをいかに取り込むかが重要な戦略の時代なのです。
どの店がよいのかを判断する消費者の目はますますシビアに鋭くなり、本物を見分ける情報リテラシーが高くなっているのです。デリヘル店主導で上から仕掛ける時代は終焉し、フラットな関係で裾野のユーザーの支持を得られる好感のあるお店作り・経営ができるか、そういう時代となったようです。
決して簡単なことではありませんが、仕掛ける手段やツール、アイデアは豊富にあり、商売をする上では、“超”面白い時代といえるでしょう。
デリヘルの経営は簡単と考えて参入するというよりも、初期投資が低いので参入するという人が多いのが特徴です。
簡単に考えても商売の世界は甘くはありません。しかし初期投資額が低いのがデリヘル店の数の多さになっているのは間違いないのです。
そのあたりを自分なりによく考えておくことが大事です。

風俗店の新着情報

地域限定割引開催中‼

大洗エリア/那珂・東海村エリアご利用の方に限り

◎60分20000円→60分16000円

◎80分25000円→80分20000円

指名費交通費込価格

でご案内♪

※自宅派遣+2000円
※土日祝日+1000円

上にもどる